ウーマンのボディ

体に溜まった老廃物をファスティングでスッキリさせよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘対策になる

ウーマン

薬の種類

一般的な便秘薬は大腸のぜん動運動を促進させる薬です。ぜん動運動とは消化器官などの収縮運動のことで、消化物を移動させる役割があります。ぜん動運動を促進させる薬の成分には「ビサコジル」「センノシド」などがあります。これらの成分の薬は即効性があり、効き目も強力なため、慢性的な便秘に悩まされている人に人気があります。便秘薬には便をやわらかくして排便を促すものもあります。この種の便秘薬は低刺激なためお腹が痛くなりやすい人にオススメです。また、腸の調子を整えて排便を促すタイプの便秘薬もあります。自然の生薬や善玉菌などを成分とする薬のため、効き目が出るまで時間が掛かりますが、腸の状態をしっかりと改善したい人にオススメです。

上手な薬の使い方

便秘薬は乱用すると腸のぜん動運動が弱くなってしまいますので、上手に使うことが必要です。便秘になったら直ぐに便秘薬を使用せずに生活習慣の改善から始めましょう。便秘の改善には水分の摂取がオススメです。水分摂取は便をやわらかくする効果があります。また、食物繊維を積極的に摂取することも大切です。生活改善だけではなかなか解消しない場合は、適度に便秘薬を使用しましょう。便秘薬を使用する際は、水をたくさん飲むようにします。これは薬をスムーズに腸に届ける役割と、便を軟らかくする役割があります。便秘薬を選ぶ時は、薬局等の薬剤師に相談することをオススメします。薬剤師に便秘の状況や体質などを説明して、自分に合った便秘薬を選んでもらいましょう。